本好きフクロウの速達便|ただ児童書を紹介したいだけのブログ

子どもに本を読ませたいお母さん・お父さん必見! 高校生が1人で作る児童書フリペ『本好きフクロウの速達便』公式ブログ。フリペの大部分の内容、効果的な読み聞かせの方法、おすすめの絵本・児童書などを紹介しています。

TOPページ|本好きフクロウの速達便

f:id:booklover_owl:20200613220956p:plain

「本好きフクロウの速達便」をご開封いただき、ありがとうございます!

f:id:booklover_owl:20200613225054p:plain

このブログは、本好きフクロウの速達便|ただ児童書を紹介したいだけのフリーペーパー の公式ブログです。

 

このブログでは、フリーペーパーにも掲載しているおすすめの児童書を紹介する記事や、読み聞かせに関する記事、フリーペーパー発行の裏話などをあげています。

 

 目次

「本好きフクロウの速達便」とは?

f:id:booklover_owl:20200626001937p:plain

子どもの頃の豊富な読書経験と、高校生になって得た大人の視点。

これらを併せ持つ「私」だからこそ、紹介できる絵本・児童書があります。

そんなことをコンセプトに、企画段階から、記事を執筆し、編集して、印刷・製本までを、男子高校生が全て1人で制作しているフリーペーパーです。

 

私が実際に子どもの頃に読んだ膨大な冊数の本の中から、高校生になった今でも心に深く刻まれている、本当に子どもたちに読んでほしい絵本・児童書のみを紹介しています。

 

 

例えば、創刊号となる1通目では、「旅する子どもの本」というテーマで

  • いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  • ドリトル先生アフリカゆき
  • シーラスと黒い馬

を紹介し、「お医者さんのお話」というテーマで

  • よるのびょういん
  • 長い長いお医者さんの話
  • 名医ポポタムの話

を紹介しました。それぞれの記事はこちらの記事⇩

booklover-owl.hatenablog.com

booklover-owl.hatenablog.com

でも読むことができます。

 

また、ブログでは公開していませんが、小学校の図書館司書さんにインタビューをし、読み聞かせの極意について伺いました。

 

これらのフリーペーパーの全貌は、次号が発行されたときに前号を公開する、というようにして1回遅れで公開していこうと思います。

 

その他、ブログで公開している記事はコチラからどうぞ⇩

booklover-owl.hatenablog.com

 

 

なお、当ブログのご利用に関するプライバシーポリシーを公開しておりますので、ご一読いただけると幸いです。

booklover-owl.hatenablog.com

 

フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」の設置場所

f:id:booklover_owl:20200613230519j:plain

文庫「もりのなか」では、紹介した本も添えてディスプレイしていただきました。

東京子ども図書館や奈良県立図書情報館、絵本カフェ、学校図書館など、全国30カ所に設置していただいております(下記リストは随時更新しております)。もちろん文庫「もりのなか」にも!

 

見かけたら、是非、お家に連れて帰ってあげてください。無料配布なので、ご自由にお持ちくださいね。

 

設置をご希望の図書館・書店等の皆さまへ

docs.google.com

上記のお問い合わせフォームよりご連絡をいただけますと、相談の上、児童書フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」をご希望の場所へお届けできます。

 

原則的には郵送させていただきますが、私は高校生であり、制作費用の削減の観点から、皆さまの図書館等で印刷可能な場合は、申し訳ございませんが、PDFデータをメールにてお渡しし、印刷をしていただきますようお願いすることがございます。ご了承ください。

 

※それぞれの設置場所をクリックしていただくと、それぞれの公式サイトにジャンプできます。コロナ禍の影響で休館・閉店となっている場合もございますので、事前に確認してからのご訪問をおすすめします。

 

東京都

東京子ども図書館(東京都中野区)

ブックハウスカフェ(東京都千代田区

Mucchi's Café(東京都杉並区)*1

 

大阪府

河内長野市立図書館大阪府河内長野市

はっち大阪府大阪市

大吉堂大阪府大阪市

89cafe大阪府大阪市

絵本カフェ はびき堂大阪府富田林市)

 

兵庫県

文庫 もりのなか(兵庫県篠山市

絵本Cafe ANNE兵庫県神戸市)

ブックランドフレンズ兵庫県伊丹市

喜久屋書店 柏原店兵庫県丹波篠山市

小山書店兵庫県丹波篠山市

Book&Coffee coyomi兵庫県洲本市

ぞうさんの足音「子どもと大人の絵本の時間」(兵庫県三田市

兵庫県内の小学校2校

兵庫県内の中学校1校

 

京都府

キッズいわき・ぱふ京都府宇治市

 

奈良県

奈良県立図書情報館奈良県奈良市

絵本とコーヒーのパビリオン奈良県奈良市

 

滋賀県

滋賀県内の中学校5校

 

岡山県

 郁文堂書店庭瀬店岡山県岡山市

福島県

南相馬市立中央図書館福島県南相馬市

 

長野県

長野県内の小学校1校 

 

北海道

北海道内の中学校2校

 

私と本

私は、小さい頃からたくさんの絵本や児童書を読んできました。その冊数は、絵本・児童書だけで優に4000冊は超えているでしょう。

 

では、なぜ、どのようにして、私はこれほどまでに多くの絵本・児童書を読破してきたのでしょうか?

 

1.読み聞かせで本に親しんだこと

まず、1つ目の理由として、私の母が大の本好きで、読み聞かせをたくさんしてもらっていたことが挙げられます。

 

もちろん私は覚えていないのですが、母は胎教として、私が生まれる前から、膨らんだお腹に向かって絵本を読み聞かせしていたようです。そんな母のもとに生まれた私の周りには、常にたくさんの本がありました。

 

まだ字など読めない私は、毎晩、母や父に、絵本の読み聞かせをせがんでいたそうです。その名残で、今でも家にある絵本を開くと、私が楽しみすぎたために破れてしまったページが至るところに見つかります(笑)

 

2.図書館や本屋によく行ったこと

そして、2つ目の理由は、1つ目と共通するところも多いですが、母や父が、私を週に1度はどこかしらの図書館に連れて行ってくれたことです。

 

借りたい本がたくさんある中で、貸出可能な冊数に収まるように本を選ぶ、こんな贅沢があって良いのでしょうか? 「この本は途中まで読んでいて、気になるから今借りよう」「これも借りたいけど、仕方ない、来週にするか」「うわー、これが借りれへんやん。そうや、棚の端の方に隠しとこ」(最後のは単なる迷惑ですが、)こうして必ず、毎週新しく出会った絵本や児童書が家にあったことは、少なからず影響していると思います。

 

また、気に入った本は、家計が許す限り、借りるだけではなく買ってくれたことも嬉しかったです。やはり、「自分だけの本」だと思うと、図書館で借りたときよりも、ワクワクしながら読めるのです。本屋さんでの立ち読みも、疲れるものの貴重な時間でした。

 

そして、そんな日々を続けていたとき、3つ目の理由に繋がる、ある転機が訪れます。それは母が、ある女性の子どもの本に関する講演を聞きに行ったことでした。

 

その女性は今西茂子さんといい、兵庫県篠山市で家庭文庫を営まれている方です。

 

その講演に感銘を受け、また今西さんが開いている家庭文庫、「文庫『もりのなか』こどものとしょかん」を知った母は、早速、私を「もりのなか」へ連れていってくれました。

 

3.文庫「もりのなか」の存在

この「もりのなか」が3つ目の理由にして、最大の理由です。

 

初めて「もりのなか」を訪れた際に感じた居心地の良さは、何年立っても褪せず、今でも私にとって大切な場所になっています。

 

引き戸をガラガラと開けて、「もりのなか」に入ると、小さいながらも本と愛情に包まれた心地の良い空間が迎え入れてくれます。天井付近まで届く壁一面を覆う本棚には、今西さんにより選びぬかれた約5000冊の絵本と児童書が並んでいます。

 

ソファでは、母親が子どもたちに向かって絵本を読み聞かせしています。反対側に目をやると、「もう帰る時間やで」との言葉が耳に入らないほど、本の世界に没頭している男の子が椅子に腰掛けているかもしれません。小学生の頃の私もそうだったと思います(笑)

 

そして、そんな子どもたちや母親たちの真ん中で、読み聞かせをしたり、本棚から次々とおすすめの本を紹介したりしている「文庫のおばちゃん」が、今西さんです。

 

そんな「子どもの本のスペシャリスト」とも言える今西さんから、「もりのなか」へ行く度に、たくさんの面白い本を紹介してもらい、私は数え切れないくらいの素晴らしい本と出会ってきました

 

そして、今では、それらの1冊1冊の絵本や児童書が、私にとってかけがえのない本となっているのです。

 

 この記事では「もりのなか」については書ききれそうにないので、別の記事に後日まとめることにします。お楽しみに!

 

 

 

お問い合わせはコチラ

  • 設置をご希望の方
  • ブログ・フリーペーパーへのご質問・ご意見・ご要望・ご感想をお持ちの方
  • 子どもの本に関するご相談をされたい方

皆様のお問い合わせは、原則こちらのお問い合わせフォームから承っております。

docs.google.com

もし、送信の過程などで不具合のあった場合などについては、以下の連絡先に直接ご連絡いただいても構いませんが、Googleフォームからのご連絡よりも返答が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

 

▶児童書に関する相談や、ブログに対するご意見などは、

 

▶フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」の設置についての相談や取材などは、

 

おまけ:Twitterアカウントもあります!

 「本好きフクロウの速達便」では、公式Twitterアカウントを運営しています。

 

こちらでは、毎日1冊、これまでに読んだ本のなかからオススメの絵本・児童書を紹介する【#きのうろ書房】というタグをメインに、このブログの更新情報、発行時の広報、私と図書館や子どもの本とのアレコレなど、さまざまなことを呟いております。

 

よろしければ、フォローしてください!

 

最後に

児童書フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」は……

子どもの頃の豊富な読書経験と、高校生になって得た大人の視点。

これらを併せ持つ「私」だからこそ、紹介できる絵本・児童書があります。

そんなことをコンセプトに、企画段階から、記事を執筆し、編集して、印刷・製本までを、男子高校生が全て1人で制作しているフリーペーパーです。

 

私が実際に子どもの頃に読んだ膨大な冊数の本の中から、高校生になった今でも心に深く刻まれている、本当に子どもたちに読んでほしい絵本・児童書のみを紹介しています。

 

それでは、これからも児童書フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」をよろしくお願いします!

 

 

過去の記事一覧はこちらからどうぞ⇩

booklover-owl.hatenablog.com

このトップページの下の記事は最新記事です。

 

 

*1:こちらは諸事情により創刊号のみ設置しており、配布が終了後は設置は中止となります

「本好きフクロウの速達便」1通目(創刊号)

バックナンバー◆1通目

 8月となり、既に「本好きフクロウの速達便」1通目(創刊号)を発行してから2ヵ月が経ち、既に一部の図書館等の皆様には「本好きフクロウの速達便」2通目のデータをお渡ししております。

そこで、読みたいのに、お近くに設置されている書店などが無い、などお困りの方のため、バックナンバーとして1通目の画像データを公開いたします。

 

こちらに掲載されている紹介文等に関しては、著作権は発行者でサイト運営者の楠木凜に帰属します。無断転載などはお控えいただき、法律の範囲内でお楽しみください。

 

なお、フリーペーパーを印刷して皆さま(または皆さまのお知り合い)の書店・図書館・カフェなどに設置したい、という方は、お問い合わせフォームまでご連絡ください。PDFデータをメールにてフリーペーパーが発行されるたびに継続してお渡しします。

 

 

それでは、「本好きフクロウの速達便」1通目をお楽しみください。

 

f:id:booklover_owl:20200809171231p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171237p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171247p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171259p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171309p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171324p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171331p:plain


f:id:booklover_owl:20200809171341p:plain


 

紹介した作品一覧

 【本日の昔話】

 

【旅する子どもの本】

 

 

 

【最高の読み聞かせ術】

 

【お医者さんのお話】

 

 

 

 

「本好きフクロウの速達便」読者の声

f:id:booklover_owl:20200809164004p:plain

2020年5月にただ児童書を紹介したいだけのフリーペーパー「本好きフクロウの速達便」を創刊しました。8月現在、日本各地、公共図書館や書店、学校図書館、カフェなど30カ所に設置していただいており、1号あたりの部数も800~1000部と大好評です。それを読まれた方が、お知り合いに伝えて下さったり、Twitterで呟いてくださったり……。おかげさまで、予想以上にたくさんの方に読んでいただくことができています。

 

そこで、読者の方から届きました感想を一部、まとめて紹介させていただきたいと思います。なお、公開されたメッセージ以外につきましては、こちらに転載する許可をいただいたもののみを掲載させていただきます。また、内容は随時更新しております。

 

1通目(創刊号)を読んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速読ませていただき、夫も読み、高校生ですごいね!とびっくりしていました。読み聞かせメンバーで集まる日に持っていくのを楽しみにしています。

(後日読み聞かせメンバーに紹介したところ)読み聞かせメンバーにもブログ好評でTwitterをフォローして、紹介されている絵本を図書館で予約したよ!と言うママ友もいました!

 

 周りにもお知らせして読んでもらいますね!

若いおかあさんたちにも知らせたいです。

今西さんの文庫で育った彼は、きっと、

「このうえなく楽しく、無条件におもしろく、またとない魅力を持ったもの」と鳥越信先生*1がおっしゃっていたとおりの読書をしてきたのでしょうね。

彼が発信してくれる言葉は、子どもと本をつなぐ活動に関わっている私たちにとっても、よい刺激になっていくと思います!

 

現役高校生とはいえ、読書量が桁違いの「本の虫」さん。みずみずしい感性で本を紹介されていて、良い本は良い!と若い人が言ってくださるのは心強いです😭
ぜひたくさんの大人に読んでもらいたいと思いました!児童書の読書会(市立図書館の司書さんもメンバー)や、おはなし会の仲間、近くの図書館の方にも伝えたいです。

 

内容はもちろん、随所にあるイラストのバランスも素敵で驚きました。(知人は「男の子が書いてるの!?」と驚いていました。)

 

 

ご感想・ご意見、募集しております!

児童書紹介フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」や、ブログ、Twitterの【#きのうろ書房】などに関して、何かご感想・ご意見をお持ちの皆様、以下のGoogleフォームまでよろしくお願いします。場合により、こちらのページに掲載させていただくことがありますが、その際は必ず、掲載の許可を得てから掲載いたしますので、厳しい意見でも優しい意見でも、何かあれば遠慮なく教えてください。

docs.google.com

また、Twitterでも、#本好きフクロウの速達便 のタグをつけていただければ、定期的に検索している私の目にとまるかと思います。また、@booklover_owl までメンションしてもらっても大丈夫です。どしどし呟いてください!

*1:日本児童文学史の研究者