本好きフクロウの速達便|ただ児童書を紹介したいだけのブログ

子どもに本を読ませたいお母さん・お父さん必見! 高校生が1人で作る児童書フリペ『本好きフクロウの速達便』公式ブログ。フリペの大部分の内容、効果的な読み聞かせの方法、おすすめの絵本・児童書などを紹介しています。

【実録】フリーペーパー制作の準備から置かせてもらうまでの軌跡と注意点 前編

f:id:booklover_owl:20200531011443j:plain

フリーペーパー創刊号がとうとう完成しました!

この記事は

  • 今まさにフリーペーパーを制作しようとしている方
  • フリーペーパーの作り方に興味のある方

のために、私の体験をもとに、フリーペーパーの制作過程をまとめてみました。特に、個人や少人数の仲間でフリーペーパーを制作しようとしている方には参考にしていただけると思います。

 

さて、個人で児童書フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」を制作している私ですが、やっと、完成までこぎつけました!

 

そうなんです。とうとう実際に世の中のお母さんたちに手に取ってもらえる段階までやってきました!

 

コチラのツイートにつけた画像はこんな感じです⇩

①フリーペーパーの概要

f:id:booklover_owl:20200531011844p:plain

②設置予定の場所の一覧

f:id:booklover_owl:20200531011911p:plain

③表紙の画像

f:id:booklover_owl:20200531011929j:plain

➃ずらっと並べてみたイメージ

f:id:booklover_owl:20200531011443j:plain

 

フリーペーパーが完成するまで

⓪《スタートライン》フリーペーパーの制作を決断する

まず、私が児童書フリーペーパー「本好きフクロウの速達便」を制作しようと決断するまでの経緯は、こちらの記事よりご覧いただけます。おそらく、こちらの記事を読んだ後の方が、この後の内容を理解しやすいと思いますので、時間があればどうぞ!

booklover-owl.hatenablog.com

 

①《準備》フリーペーパーの制作に入るまで

さて、こうしてフリーペーパーを作ろうと考え、題名を「本好きフクロウの速達便」にしたわけですが、この後何をするのかと言えば、もちろん、実際の制作です。

 

何はともあれ、書いてみないことには始まりません。本当に自分はこのテーマでフリーペーパーに見合う記事を書けるのか、ネタ切れになったり、意味のない文章を書いてしまったりしないか、など、実際に書いてみなければわからない事柄が多いからです。

 

けれども、書いていてもそれがもしかすると発行につながらないかもしれない、と思うと、モチベーションが保てませんよね? え、そうでもないですか? まあ、私の場合は、モチベーションを保てませんでした(笑)

 

そこで、思いついたのがこの「ブログ」という媒体です。ブログに書いた記事を順次アップしていけば、誰かが見に来てくれるかもしれない、だから、その誰かのために記事を書こう!、そう思ったわけです。

 

もし有意義な記事をたくさん書けるのであれば、それをそのままフリーペーパーに載せれば、フリーペーパーは一丁上がり、もしもフリーペーパーに載せるような記事が書けなくなったとしても、所詮はブログ、途中でやめる人も多い媒体ですから、自分一人が勝手にやめようが、ほとんどの人には気付かれません。

 

もっとも、私の場合はブログの開設とほぼ同時期にTwitterアカウントも開設して、そちらでブログの更新情報やフリーペーパーについての準備を発信していこうと決め、ある意味、自分で自分にプレッシャーをかけて続けてみようと考えましたが……。

 

さて、そうして完成した記事で、今回の創刊号にも掲載している記事がこちらの2つです。

booklover-owl.hatenablog.com

booklover-owl.hatenablog.com

 

②《制作》フリーペーパーの制作に突入

そしてその他の読み聞かせに関する記事などもあげていくうちに、私は確信しました。

「絵本・児童書なら、いくらでもおすすめしたい本はあるし、私自身の経験にも事欠かない、児童書のフリーペーパーでいけそうだ!」

 

そこで、ブログの字数を調整しつつ、フリーペーパーとして編集していきます。

そして、それを印刷して製本すれば、フリーペーパーの完成です。

 

③《まだ終わりじゃない》フリーペーパーの印刷・製本

ここで気を付けなければいけないのが、誤字脱字です。ブログで書いているときは気付かなかった誤字や脱字に、フリーペーパーとして紙媒体で読んだときに気付くことがあります。大量に印刷する前に、必ずチェックしておきましょう。可能であれば、家族や知り合いに頼んで、一読しておらうのも良いでしょう。文章が変になっている場合などにも指摘してもらえると思います。

 

こうした校正を経て、最後の段階、本当に完成したフリーペーパーを印刷・製本する工程に入ります。

 

この段階には大きく分けて2パターンあります

  1. 自宅などで自ら印刷・製本する
  2. 印刷所に印刷・製本を委託する

1のメリットとしては、まずコストが比較的安いことが挙げられます。自宅ですから、人件費などがかからず、紙代とインク代のみが経費となります。もちろん、デメリットとしては、プリンターの性能により両面印刷が面倒だったり、紙の大きさが制限されたりします。また、製本の手間もかかります。

 

2のメリットとしては、高品質なフリーペーパーになることが挙げられます。印刷所のプロに頼むのですから、当たり前です。デメリットは、やはり高額になってしまうことです。私の場合は、広告収入は考えておらず、印刷などに書かう費用は自腹なので、印刷所は諦めました。けれども、もしすでに広告主が確保できているならば、十分視野に入ってくるかもしれません。

 

トータルすると、私としては1の方がオススメです。もちろん安いこともありますが、印刷の途中でも誤字に気付けばやり直しがきくからです。印刷所の場合は、刷り直しとなるとその分の料金がかかってしまいます。

 

なお、ここで注意が必要なのはフリーペーパーのページ数です。1の方法を取ると、ホッチキスでの製本となるため、ページ数には限界があります。私の場合は何も問題なかったのですが、年に一回などの発行で一冊あたりのページ数が多い場合には、ホッチキス止めは不可能ですので、必然的に2となるかと思います。

 

こうして、やっとフリーペーパーが完成します。ちなみに、ここまでの工程に私はちょうど1カ月ほどかけました。

f:id:booklover_owl:20200531011443j:plain

完成したフリーペーパーを自宅の床に並べてパシャリ

 

まとめ

⓪フリーペーパーの制作を決断

①フリーペーパー制作の準備

②フリーペーパーの中身の制作

③フリーペーパーの印刷・製本

 

……と、過程をたどってきました。

 

おおむね予想通りだったとは思いますが、もう一度注意事項をおさらいしておきましょう!

⓪では……

強いて言うなら、「自分にしかできないこと」をテーマにせよ、でしょうか。

①では……

モチベーション維持のためにブログやSNSを活用するのもアリだぞ、ということです。

②では……

本当にそのテーマでいけそうなのか、きちんと確認せよ、しかないですね。

③では……

誤字脱字に気を付けろ!の一択です。

 

それでは、こんなところでお別れといたしましょ……! 言い忘れてました!

 

自宅での印刷・製本を選んだ方~!

必ず、インクや紙が十分にストックされていることを確認してから印刷を始めましょう!

私はこれを怠ったおかげで、いくつかのお店等に、せっかく設置を承諾していただいたのに、到着を待たせることになってしまいそうです……トホホ

 

 

まもなく、フリーペーパーの設置場所を確保する方法に関する記事を上げる予定です。そちらもお楽しみに!

 

このブログでは、児童書を紹介するフリーペーパー『本好きフクロウの速達便』の記事を公開したり、その他オススメの本や読み聞かせの方法に関する記事を公開したりしています。

読者になっていただけると、泣いて喜びますので何卒……

 また、Twitterでは、【#きのうろ書房】というオリジナルタグでおすすめの児童書を毎日紹介しています。こちらもぜひ、フォローしてください!