本好きフクロウの速達便|ただ児童書を紹介したいだけのブログ

子どもに本を読ませたいお母さん・お父さん必見! 高校生が1人で作る児童書フリペ『本好きフクロウの速達便』公式ブログ。フリペの大部分の内容、効果的な読み聞かせの方法、おすすめの絵本・児童書などを紹介しています。

なぜ、ただの高校生である私が、フリーペーパーを作ろうと思い立ったのか?

f:id:booklover_owl:20200508214429p:plain

※画像はイメージです笑

そもそも、これを書いている「私」ってどんな人?

まず、自己紹介ですね。(あんまり今まで自分自身について詳しく書いていなかったので、なんだか恥ずかしいですが)

 

題名にもあるように、私は高校生です。

 

関西の私立男子校に通う眼鏡をかけた1年生です。みんなの高校情報で調べると偏差値75以上でした。それほど学校に期待をしていただいているということで、ありがたいかぎりです。(実態はともかく)

学校での最高成績は学年2位です。しかし、この休校中はモチベーションが全く湧かず、あまり勉強できていないので、だいぶ下がってそうな気もしますが……。

 

私は高1ですが、その高校で、文芸同好会の会長を務めています。また、関西の中高生で組織され、運営されている関西学生文芸連合Twitterアカウント:@bungeirengo_)では、庶務を務めています。

あとは、ちゃっかり新聞部とも兼部しており、図書委員会にも入るつもりです。

 

ここまで書くと、とてつもない文系人間だと思われるかもしれませんが、実は、将来は理系に進むつもりです。というか、理系の研究者になるのが夢です。

今興味があるのは、地球惑星科学で、今のところの進路希望は東大理科I類ですが、海外大学への進学もアリかもしれない……なんてことも考えています。

 

そして、自己紹介で忘れてはいけない、最後にして最大のポイントはこれ!

私は本の虫です!

 

では、本題です⇩

 

なぜ、フリーペーパーを発行しようとしてるの?

誰かのためになることを何かしたかった

私の学校だと、学年の1/3が医学部へ進学し医師になります。医師になった人の中には、「なんとなく」や「給料が良いから」という理由の人もいるとは思いますが、それでも彼らは結果的に、医師として社会に貢献できるわけです。

特に、昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を見ていると、医師や看護師など、医療従事者には頭が上がりません。

 

しかし、翻って私はというと、地球惑星科学者になろうとしています。それが地震や火山についての研究ならまだしも、私の現段階での興味は、もっぱら火星や金星などの惑星や木星土星の衛星、そして小惑星に向いています。

つまり、社会にすぐに貢献できるような職種ではないのです。

 

だからこそ、医師になるであろう同級生よろしく、何か、誰かに貢献できるようなことを始めたいと思ったわけです。

 

「フリーペーパー」という活動を選んだ理由

ここで疑問が湧いてきたことでしょう。

「社会に貢献するなら、植樹とか海岸清掃とかがベタなんじゃないの?」

それはそうなんです。まったくもって正しい。

 

でも、私は「何か、他人がまだやっていないことをやりたい」と考えました。

 

そこで、まず思いついたのは、在日外国人の子どもたちへの支援です。

私は高校生で、子どもたちからしても年齢が近く親しみやすいだろうし、私は英語が同年代の高校生と比べると喋れる方なので、子どもたちに何か勉強を教えたり、宿題を手伝ったりできるんじゃないか、と。

 

しかし、私はふと気がつきます。

「それって、多少英語ができる高校生なら誰でもできることでは?」

そうなんです。私は、どうせなら「自分にしかできないこと」をやって社会に貢献したいんです。

 

そして、最終的にたどり着いた答えが、本を紹介するフリーペーパーを発行しよう」でした。

これなら、

  • 私の本の虫としての書経
  • 文芸同好会や新聞部で鍛えた(つもりの)文章力・構成力
  • 「誰か(=ここでは読むべき本がわからない人)を助けたい」という思い

その全てを注ぎ込めるでしょう。こうして、私はフリーペーパーを作ることにしました。

 

紹介する本を児童書に限定した理由

「本を紹介するフリーペーパーにしよう」と決めたものの、ここでもさっきと同じ壁が立ちはだかります。

 

「本の紹介は、読書好きなら誰にでもできるんじゃない?」

 

その壁にぶち当たった時、私はこう考えました。

 

「一般向けの本がダメなら、児童書を紹介すればいいじゃないマリーアントワネット風

 

事実、私が高校生ですから、一般書籍の読書量では圧倒的に大人に負けています。しかし、児童書ならどうでしょう。

これなら、読書量は同じでも、まだまだ読んだ時の記憶がフレッシュな私に、圧倒的なアドバンテージが生まれます。

 

さらに、私は、兵庫県にある私設図書館「文庫 もりのなか」に小学生の間、ほぼ毎週通っていました。ですから、他の人と比べて、たくさんの良い児童書と出会ってきたという自負・プライドがあります。(この話はフリーペーパーの創刊号に、もう少し詳しく書くつもりです)

 

そしてもう一点、私には、複数の小学校の学校図書館で何年も司書をされている知り合いがいます。その人にも、紹介文を書くときにいろいろとアドバイスをもらうことができるでしょう。

 

これはもう、児童書を紹介するフリーペーパーを作るしかない!

 

 

なぜ、フリーペーパーのタイトルを『本好きフクロウの速達便』にしたの?

こうして、『ただ児童書を紹介したいだけのフリーペーパー 本好きフクロウの速達便』というフリーペーパーが生まれました。

 

 

それでは、なぜ題名を『本好きフクロウの速達便』にしたのだと思いますか?

題名が決まるまでのいきさつをまとめてみました。

  1.  私設図書館「文庫 もりのなか」との繋がりを作りたいなあ……
  2. そうだ、森にすむ動物の名前を入れよう!
  3. リスとか、クマとか、フクロウとか、子どもになじみ深い動物って結構たくさんあるなあ……
  4. でも、一番本が好きそうなのはフクロウかな
  5. フクロウなら、眼鏡をかけた(クールだと思いたい)私の風貌のイメージが出せるかも
  6. よし、フクロウで行こう!
  7. じゃあ、『本好きフクロウの~』とかでどうだろう?
  8. 『本好きフクロウの児童書紹介』だとそのまま過ぎるよな……
  9. 色々と言葉を当てはめてみて……
  10. 速達便ってなんか良い!(←適当だな)
  11. 『本好きフクロウの速達便』だけだと分かりにくいし、サブタイトルつけるか……
  12. もうわかんないし、こっちはド直球でいこう!『ただ児童書を紹介したいだけのフリーペーパー』だ!(←適当だな2回目
  13. 完成!

割と行き当たりばったりでしたが、自分の中でしっくりきたのでこれで行きます。

 

こうして完成したフリーペーパー『本好きフクロウの速達便』1通目の表紙がこちら!

f:id:booklover_owl:20200504143525p:plain

 フリーペーパーの構成など、くわしくは過去の記事をお読みください。

booklover-owl.hatenablog.com

 

 

まとめ

今まで、私はこのフリーペーパーの活動を、

  • 社会に貢献できる何かをしたい
  • どうせなら、自分にしかできないことをやりたい

という思いから始めました。

 

私のフリーペーパー『本好きフクロウの速達便』が、これから世の中の児童書選びに悩みを抱えているお母さん・お父さんの助けになれば、これほど嬉しいことはありません。

 

また、フリーペーパーと同名のこのブログ『本好きフクロウの速達便』では、フリーペーパーの特集を公開するほか、ネタが無くなるまではできる限り、おすすめの絵本・児童書や読み聞かせに関する情報、フリーペーパーに関する情報などなどを毎日更新していきたいと思います。

ちなみに1通目(創刊号)の特集は、諸事情で実際の設置よりも早く、このブログにて公開しております。良ければ、お読みください⇩

 

 

booklover-owl.hatenablog.com

 

また、Twitterアカウント「フクロウの寝言@児童書フリペ」@booklover_owlでは、毎日1冊、【#きのうろ書房】と称して本当に良い児童書を紹介しています。こちらもぜひ、フォローしてください。

f:id:booklover_owl:20200509000713p:plain